高麗人参酒の作り方について考える

高麗人参酒の作り方について考える

メインイメージ

高麗人参酒で毎日を若々しく!

高麗人参の魅力を実感する方法は、サプリメントだけではありません。
「お酒」で摂取するという方法もオススメです。
(美味しく楽しく続けられるのが高麗人参酒の長所)

ただし、高麗人参酒にも色々な種類があり、品質やコストパフォーマンスはそれぞれ異なります。
・満足のいく健康パワーをしっかりと実感したい
・美味しさにもこだわりたい
そんな方は、ぜひ、製品選びにこだわってみてください。

このページでは、そんな高麗人参酒の中でもオススメの製品をピックアップしました。

長野産の高品質人参酒

40年もの歴史を持つ老舗高麗人参酒メーカーがつくるこの高麗人参酒が私の一番のオススメ。
圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。
口コミでも高く評価されているアイテムで、満足度は抜群。
酒好きも納得の美味しさです。 コクがあり、深みのある味わいは、高麗人参由来ならでは!
アルコール度数の違う2種類から、好きな方を選べるのもポイントです。
初回は「お試しセット」を選ぶことが可能。
2種類をたっぷり試せるセットが5770円で購入できます。

このアイテムの特徴まとめ

珍しい国産の高麗人参酒で、長野県の生産者が製造しています。
長野県で高麗人参酒を40年も作り続けているという歴史があり、熟成・味・品質全てに優れた素晴らしい製品です。

長野県信州産のこだわりの高麗人参を生薬(棗・生姜・桔梗・クコシ)とともに10年以上漬け込むところから製造がスタート。
その原酒に4年根や6年根などの新物の高麗人参をプラスして、やっと高麗人参酒が完成します。

アルコール度数や飲み口にバリエーションがあるのも嬉しいポイントです。

サプリメントとの違い

サプリメントと高麗人参酒との最大の違いは、高麗人参を加工していない「そのままの状態」で摂取できるということ。
サポニンをはじめとする高麗人参の成分が、お酒にしっかりと浸み込み、そのパワーを直接実感することができます。

高麗人参酒の作り方について考える

体に良くて美容にも抜群の効果を発揮する高麗人参ですが、お酒に漬け込んで飲用する方法も広まっています。
もちろん市販のものを購入して飲むのが簡単ですが、実はこうした高麗人参酒は自宅でも簡単に作る事が可能ですのでご紹介します。

まず材料としては乾燥させた人参と生の人参どちらも利用することができます。
一般的に手に入れやすいのは乾燥したものだと思いますので、こちらの作り方から先にお話しますと、梅酒などを漬ける広口ビンに乾燥した人参をそのまま投入します。
35度のホワイトリカーを入れて密閉し、冷暗所に保管し3ヶ月から6ヶ月すれば出来上がりで飲めるようになります。
ちなみに漬ける際に特別な味をつけることはしないで、あとで蜂蜜を加えて飲むといったことをするのがいいようです。
一方生の人参の使う場合には、歯ブラシなどを使用して流水にさらしながら細部に挟まっている泥をよくかき出すように洗います。
同様に広口ビンに入れて35度のホワイトリカーを1.8リットル注いで密封します。
生の人参を利用した場合にはほぼ1ヶ月から2ヶ月で飲めるようになります。
生の素材のほうが少し早くできあがるということになります。


さて、完成しますと色は琥珀色へと変わり、高麗人参から沢山のエキスがお酒にでているのがわかります。
人参の甘味が感じられ実にまろやかな味が楽しめるようになります。
これを飲みますと、体の芯から温まることが実感できます。
飲用の目安は毎日10cc程度をお湯割り、水割り、ロックなどで楽しみます。
ちなみに漬け終わったあとの高麗人参からはすべてのエキスが出尽くしていますが天ぷらにして召し上がるとおいしくいただけます。

高麗人参は精力増強に効果があることで有名です。
これは体をぽかぽかにするとともに、冷え性や虚弱体質の方の体質改善に効果的です。
また免疫力を確実に高めてくれますのでインフルエンザや風邪の予防にも最適です。
なにより貧血の予防、動脈硬化の予防、ストレスの緩和、糖尿病予防、更年期障害の予防、男性機能の改善、美肌効果などなど様々な効能がありますので、一回に沢山飲むのではなく、適量を継続的に召し上がることが重要です。
自宅でつくるものであれば安心してお飲みになることもできますし、味も工夫してさらに飲みやすくすることも考えられると思います。

手作りよりもさらにおすすめなのが、こちらの高麗人参酒です。
珍しい国産の高麗人参酒で、長野県の生産者が製造しています。
長野県で高麗人参酒を40年も作り続けているという歴史があり、熟成・味・品質全てに優れた素晴らしい製品です。

人参酒の原酒は、長野県信州産のこだわりの高麗人参を生薬(棗・生姜・桔梗・クコシ)とともに10年以上漬け込みます。
その原酒に4年根や6年根などの新物の高麗人参をプラスして、高麗人参酒が完成します。

また、アルコール度数や飲み口にバリエーションがあるのも嬉しいポイントです。

このhttp://www.myrtlebeachimax.com/サイトの解説もとても分かりやすいです。
ちなみに素材の高麗人参は生も乾燥品も最近ではネットの通販で簡単に入手が可能ですので、ぜひ一度挑戦されてみてはいかがでしょうか。